2012年04月12日

制作部TARUMIの稽古場日記

こんにちは。制作部TARUMIです。
台風のような嵐が来たりして、何だかわからない春ですね。
でも、稽古場の前の桜も咲き始め、季節は上向きです。

ZIPANGUでは、最初の内は配役を決めずに稽古します。
いろんな人がいろんな役を読むのですが、これ面白いです。
あり得ないようなキャスティングもあるのですが、役者さんには
他の人が読むことで見えてくるものもあるようです。
却って混乱してしまう人もいますが、今のうちはそれも楽しい
悩み期間なのです。
まだ出会って間もない役者さんたちのいろいろな顔が見えてきて
TARUMIもわくわくしています。

さて、その話とはカンケイないのですが。
前回に引き続き客演してくれるよっしは、言い間違いの帝王。
普通に読んでてもとっても面白いのですが、今日もとんでも
なセリフをつくってました。

「ひとりごとはもっと小言でおっしゃることをおすすめいたします。」

ひとりごとは、小言で??

もちろん、正しくは
「もっと小声で」

西の横綱金さん(佐土原)もいるし、今回の稽古場ではどんな
迷台詞が生まれるのでしょうか。

ではまた。

制作部TARUMI
posted by 編集長 at 22:50| Comment(0) | 第37回公演の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。